瑛九展 (2006/2/9〜19) 作品の一部

■川越画廊 http://www.kawag.net/


瑛九略歴
1911年(明治44)4月28日、宮崎県生まれる。本名は杉田秀夫。
1924年(大正13)13歳 宮崎県立宮崎中学校(現・宮崎県立大宮高等学校)に入学。
1925年(大正14)14歳 中学を退学し上京、日本美術学校洋画科に入学し、この頃より油絵を描く。
1927年(昭和2) 16歳  美術評論を書き始め、『みずゑ』『アトリエ』などに投稿する。5月、日本美術学校を退学。
1930年(昭和5) 19歳 4月、オリエンタル写真学校に入学し写真の研究を行う。「フォトグラム」の制作を始める。
1931年(昭和6) 20歳 5月、宮崎に帰り、徴兵検査を受けるも不合格となる。
1932年(昭和7) 21歳 写真評論を離れて油絵の制作を開始。作品を二科展など各種公募展に送るが落選。
1934年(昭和9) 23歳 兄・正臣の影響で、ザメンホフが創案した国際語―エスペラント語を勉強し始める。10月、宮崎美術協会の設立総会に参
加。
1935年(昭和10)24歳 5月、中央美術展(東京府美術館)に油絵《海辺》が入選する。12月、久保貞次郎との交友が始まる。
1936年(昭和11)25歳 印画紙による新しい作品を制作し上京、久保貞次郎と共に画家・長谷川三郎を訪ねる。長谷川と美術評論家・外山卯三
郎の協力で、この作品を「フォト・デッサン」と命名、「瑛九(Q Ei)」の名で発表することを決定し、4月にフォト・デッサン作品集『眠りの理由』を刊行。
4月、長谷川三郎、山口薫、矢橋六郎、村井正誠ら「新時代洋画展」の同人となり、「瑛九フォト・デッサン個展」(銀座・紀伊国屋画廊)を開催。小
野里利信、植村鷹千代らと「同時代」を結成。海老原喜之助、三岸節子らを知る。
1937年(昭和12) 26歳 2月、自由美術家協会の創立に参加、7月の第1回展にフォト・モンタージュ作品を出品する。
1938年(昭和13) 27歳 自由美術家協会を退会。自らの手で、それまでに描いた多くの作品を焼き捨てる。
1939年(昭和14) 28歳 6月、宮崎で「瑛九・杉田秀夫個人展覧会」(大潮社)開催。栃木県真岡の「児童画公開審査会」に出席し、小野里利信と
桐生へ同行する。11月には、小野里が宮崎に1ヶ月滞在し、親交を深める。
1940年(昭和15) 29歳 11月、絵画を根本からやり直すため、翌年2月頃まで独立美術協会の研究所などに入る。
1944年(昭和19) 33歳 5月、腸捻転のため谷口外科病院に入院、手術を受ける。
1945年(昭和20) 34歳 戦争を避け、宮崎県北諸県郡野尻村に疎開する。
1946年(昭和21) 35歳 1月、日本共産党に入党し各地で講演を行うが、病気再発により6月に離党する。
1948年(昭和23) 37歳 9月、谷口都と結婚し、フォト・デッサンの制作を再開。
1950年(昭和25) 39歳 10月、東京で「瑛九フォト・デッサン展」(上野・松坂屋)を開催。
1951年(昭和26) 40歳 6月「デモクラート美術協会」を結成(57年解散)。第1回展は大阪美術館で開催。8月、宮崎で「瑛九画伯個人展」(宮崎県
立図書館ギャラリー)を開催。9月、浦和市仲町に移り住む。この頃からエッチングの制作に専念する。
1952年(昭和27) 41歳 3月、デモクラート美術協会・東京第1回展を銀座松島画廊で開催。会員に加藤正、河原温、利根山光人、靉嘔、福島辰
夫、山城隆一、細江英公、磯辺行久、吉原英雄、池田満寿夫などを迎える。5月、久保貞次郎、北川民次、らと「創造美育協会」を創設する。
1954年(昭和29) 43歳 6月、久保貞次郎コレクションによる「西洋版画展」と、デモクラートの仲間による「日本前衛版画展」(桐生織物会館)開催
のために桐生に行き、オノサト・トシノブと親交を深める。
1955年(昭和30) 44歳 1月、「瑛九フォト・デッサン展」(日本橋・高島屋)を開催。36年から54年に制作した70点余りを展示。
1956年(昭和31) 45歳 3月、リトグラフの制作に専念する。
1959年(昭和34) 48歳 山口正城、西田信一、難波田龍起、オノサト・トシノブらと新グループ「日本抽象作家協会(仮称)」の結成を図るも、山口
の急逝で中止。10月末、油彩の大作の制作に没頭するも疲労がつのり病床につく。慢性腎炎と診断され浦和中央病院に入院。
1960年(昭和35) 2月、「瑛九油絵個展」(兜屋画廊)を開催し、58年から59年に制作の油絵大作9点を出品する。会期中に東京神田の同和病院
に転院。3月10日朝、病状急変し急性心不全により48歳で永眠。









20.舞踏会の夜

リトグラフ  1957年   35×25cm ed.15   #126

裏面に杉田都サイン

SOLD














12.森の入り口

リトグラフ  1956年  36×26cm ed.5  鉛筆サイン  #9















22.水車

リトグラフ  1957年  25掛ける17cm ed.15  #125

裏面に杉田都サイン

SOLD














23.鳥のあそび

リトグラフ  1957年  22×16cm  ed.10   #131


SOLD














24.生きるよろこび

リトグラフ  1957年  21×13.5cm  鉛筆サイン  
レゾネ掲載なし・珍品

SOLD














26. 作品

鉛筆・紙  18×20cm















27. 海辺  

油彩・キャンバス  1950年  F8号
「瑛九油彩画作品集」山田光春編 掲載 #189 
杉田都サイン

SOLD


*瑛九の最初の公募展入選作に「海辺 1935 F60号」中央美術展 がある。1935年4月30日の山田光春への手紙に「・・中央美術展に60と80と12号のテフテフを送ることにしました。・・」とあるので、入選作「海辺」は蝶を思わせる作品であったと推測される。
瑛九没後アトリエに残されたこの作品に題名を付けたのは都夫人と思われるが、先の入選作「海辺」と同じ蝶のイメージがあるので、「海辺」としたのではないだろうか。











川越画廊
埼玉県川越市連雀町14-2  〒350-0066
049-225-3260
作品のご注文・お問い合わせは info@kawag.net
























前へ