長沢秀之

ながさわ ひでゆき
■長沢 秀之 1947年埼玉県狭山市生まれ。72年武蔵野美術大学卒業。                    
86年から始まった「風景」シリーズの後、盲点や光を強く意識した作品を発表。
現在は、大小(または遠近)のかたちのくり返しと、ドットの層による「皮膜」絵画を展開する。


■主な個展に
81年、82年銀座絵画館/東京、
85年アンドーギャラリー/東京、
89年FBCギャラリー/福井、
89年、92年ギャラリーNWハウス/東京、
93年スカイドア・アートプレイス青山/東京、
93年、95年南天子ギャラリーSOKO/東京、
98年「長沢秀之一風景の断面一」網走市立美術館、
98年南天子画廊/東京、
00年、03年川越画廊/埼玉、ギャラリーシェール/宇都宮、
04年ギャラリーモモ/東京、
06年「長沢秀之 メガミル」展 アートトレイスギャラリー/東京、
07年川越画廊/埼玉など。


■主なグループ展は、
89年「現代美術への視点 色彩とモノクローム」東京国立近代美術館/京都国立近代美術館、
90年「アート・トゥデイ1990一複製技術時代の芸術復興」軽井沢財団法人高輪美術館(現セゾン現代美術館、
91年「色相の詩学一現代美術・平面からのメッセージ」川崎市市民ミュージアム、
95年現代美術への視点「絵画 唯一なるもの」東京国立近代美術館/京都国立近代美術館、
97年「オーペラ・アペルター開かれた作品の詩学」セゾン現代美術館、
99年「呼吸する風景」埼玉県立近代美術館、
04年「戦後美術、俊英のきらめき」川越市立美術館など。
08年7月に「風景からフウケイへ」展 川越市立美術館を予定。現在、武蔵野美術大学油絵学科教授。

■パブリックコレクション
東京国立近代美術館 セゾン現代美術館 大原美術館 京都国立近代美術館 高松市美術館 川越市立美術館

 
 

パブリックコレクション

文化庁、東京国立近代美術館、高松市美術館、大原美術館、セゾン現代美術館 

トップへ
トップへ
戻る
戻る